走行距離が長いと、車査定では評価が下がると考えられます。一つの目安と

走行距離が長いと、車査定では評価が下がると考えられます。一つの目安と

走行距離が長いと、車査定では評価が下がると考えられます。一つの目安として、10万キロを超えると、高級車や名車と言われていても基本的に値段がつかないと査定されることを考えておいてください。 続きを読む "走行距離が長いと、車査定では評価が下がると考えられます。一つの目安と"

事故車でも査定は受けられますが、金額はかなり低くなるでし

事故車でも査定は受けられますが、金額はかなり低くなるでし

事故車でも査定は受けられますが、金額はかなり低くなるでしょう。とは言っても、事故車であるということを隠そうとしてもプロである査定員は事故車と分かってしまうので、マイナスになってしまいます。 続きを読む "事故車でも査定は受けられますが、金額はかなり低くなるでし"

年間走行距離数は約10000キロと見積もるのが一般的です。走行距離が

年間走行距離数は約10000キロと見積もるのが一般的です。走行距離が

年間走行距離数は約10000キロと見積もるのが一般的です。

走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。 続きを読む "年間走行距離数は約10000キロと見積もるのが一般的です。走行距離が"

同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、その場に居る

同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、その場に居る

同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。

この方法を取ることによって生じる利点は、査定スタッフが同時に価格を提示することで価格競争になり査定額が上がることです。 続きを読む "同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、その場に居る"