事故をして車を直した際は、事故車とは違い修復暦

事故をして車を直した際は、事故車とは違い修復暦

事故をして車を直した際は、事故車とは違い修復暦車と呼びます。これは車買取業者の査定において、査定額が相当落ちてしまうひとつの要因となります。

ただし、軽い事故を起こして修理した場合、修復暦車とされることなく高額査定が受けられる車もあります。

これまでに、交通事故をだいたい10回程度、起こしてしまっています。自走出来なければ、レッカーで動かなくなった車を移動してもらいます。この事故車の処分ですが、わずかな金額ではありますが専門業者に来てもらって、売ってしまいます。廃車にする事も考えたのですが、その場合も意外と、お金が必要ですから、事故車でも買い取ってくれる業者には感謝しています。車を売却する際、できるだけ良い値段で買い取ってほしいと思うのは当然だと思います。

それなら面倒だなと思っても、複数の買取会社に査定してもらうと納得のいく値段を出しやすいです。

一番多いのが「いまならこの価格」で、もちろん鵜呑みにしてはいけません。

競争相手がいないのに価格を上げたら、営業さんの査定は下がりますよね。普通はそこまでしないですよ。落ち着いて考えればわかることです。

最低でも2社は比較するようにして、納得がいく価格を提示してきた会社を選択すると良いでしょう。