事故にあった車の時は、高額な修理代を支払っても、事故

事故にあった車の時は、高額な修理代を支払っても、事故

事故にあった車の時は、高額な修理代を支払っても、事故をする前と同じ状態には戻せないことも多々あります。

事故で車に負う衝撃によって、フレームに歪みが生まれてしまうと、キレイに直せないこともありえます。事故車両に修理代を使っても、事故車を専門に買い取っている業者に売って、新車を購入するのが安全面では安心します。車の査定は、車がピカピカで新しいほど査定の金額が高いです。ワンオーナー・走行距離が少ないこと、改造車でないと評価額が高くなる可能性があります。

勘違いしないでいただきたいところですが、車検までの期間は査定の金額に関係しないことが100%とは言いませんが、ほとんどです。なお、人間が査定を行うので、心証が査定額に響くこともあります。

今日では車の買い換えをする際、買い取り業者を利用して査定に出す人が増えてきました。そこで注意しておくべきは、査定を受ける車の事故歴、修復歴について、わざと伝えず、隠そうとした場合はどうなるのか、です。

車の売却をする際に、業者と交わす契約書の記載に買取査定規約というものがあり、事故歴の把握をしているのなら申告の義務があるとされています。

ですから、事故歴を知っていて隠していた場合は、売買契約を済ませた後でも業者は事後減額要求できることになっていますので、査定額を落とさないために事故歴を隠すと却って損をすることになります。