車買取業者に車を売る場合に、消費税はどういった扱い

車買取業者に車を売る場合に、消費税はどういった扱い

買取業者に車を売る場合に、消費税はどういった扱いになるのでしょうか。

一般的に、査定額に上乗せをするなどして消費税をもらうといったことはありません。車買取、査定業者の立場としては、内税という形で査定額の中に消費税は含まれているという見解です。

ただし、消費税の扱いに関しては曖昧なところもあるとは言えます。

車を査定する際、事故車であると認められた時は、通常の査定よりマイナスになります。だからといって、事故にあったことをごまかすようなことは諦めた方がいいでしょう。なぜなら、後になって事故車であるという嘘が露見して一悶着おきる事が多々あるからです。

買取会社は、それを生業にしているので、事故車である事実を伝えずにいてもバレるのは時間の問題です。

気持ちよく進めるためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。

事故にあった車でも査定は申し込めますが、つけてもらえる査定の金額は低いでしょう。

とは言っても、事故車であるということを隠そうとしても査定する人には隠しきれないので、イメージが悪くなります。

事故でのダメージが相当大きい場合は、事故車専門の中古車買取会社に査定をお願いするといいでしょう。

こちらの方がより良い査定額をつけてくれることも出てきます。