ところで、車の年式や状態によっては、査定額がつ

ところで、車の年式や状態によっては、査定額がつ

ところで、車の年式や状態によっては、査定額がつかない事もあります。特に、数多く売れたもので10年以上経過したものや、10万キロを超えた車、あるいは改造車や著しい劣化が見られるもの、動かない故障車や事故車などは値段をつけてもらえないことが多いようです。買取業者によってはこうした事故車や動かない車だけを取り扱ってくれるところもあります。劣化の激しい車の査定をお考えの場合はそういった専門業者に頼んでみるのが良いですね。

今日では車の買い換えをする際、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。ところで一つ気にしておきたいことがあり、売りたい車の事故歴、修理歴について売却相手の業者に伝えないでいるとどうなってしまうか、ということです。

車の売却をする際に、業者と交わす契約書の記載に買取査定規約というものがあり、事故歴の把握をしているのなら申告の義務があるとされています。

そのため、事故歴などを故意に隠していたことが分かった場合、売買契約を済ませた後でも業者は事後減額要求できることになっていますので、査定額を落とさないために事故歴を隠すと却って損をすることになります。

長年乗ってきた車をそろそろ買い替えよう、といった際には、実際、下取りはディーラーに任せるよりも、買取業者を利用した方が、だいぶ金額的に得をするらしいということが、近頃では特に、よく知られるようになってきました。

一昔前なら、買取会社を利用するには、直接出向くのが普通でしたが、今は違います。

お店に行かなくても、自宅でもどこでも、パソコンやスマホで査定額が大体どれ位になるのかがわかります。そういったことができる専門サイトがあり、通常「車査定サイト」と呼ばれています。

誰でも簡単に利用できるようになっていて、メーカーや車種、年式、事故歴などを書き込むだけで、数十秒から数分後には答えを知ることができるでしょう。