買い取り業者を利用した車査定もだいぶ認知されてきたようで

買い取り業者を利用した車査定もだいぶ認知されてきたようで

買い取り業者を利用した車査定もだいぶ認知されてきたようですが、業者に査定を頼む前に車検切れが近い場合には、通しておいた方がいいのか、判断に悩む人も多いようです。

ですが、この問題に関しての正解は出ています。

なにしろ、査定額が良くなることを期待して、車検切れが迫ってきている車の車検を済ませたとして、その車検にかかる費用総額よりも車検を済ませたことによるプラス査定分が大きくなる、ということはあり得ません。

売りたい車の車検が切れかかっている場合は、新たに車検を通さないまま査定を受けてしまった方が良いようです。

売りたい車に車検が残っているか否かというのは、業者側としてはそれ程重視するべき問題ではないということです。以前、知っている人の使用済み車販売業者の方に、12年乗りつぶした車を査定してもらいました。廃車に近い状態だと言われてしまい、買い取ってもらえるのかどうか不安でしたが、、車の下取り価格は3万円という結果でした。

そして、その車は修理を経て代車などに使われているようです。車査定では走行距離をまずチェックされますが、距離が長くなるほどマイナス要因となります。

走行距離10万キロを超えた車は、高く売れるはずの高級車でも値段がつかないと言われることを考えておいてください。同じ走行距離の車でも、その期間が短ければ短いほど不利だと考えてください。

短い間に酷使された証明として文句なしの判断材料にされるためです。