中古車を売る際に必要と考えられるも

中古車を売る際に必要と考えられるも

中古車を売る際に必要と考えられるものを調査しました。

売却金額を振り込むための振込口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)などを準備しておきます。取扱説明書やスペアキーがあれば買取、査定の金額が上乗せされる可能性も十分考えられます。

買取に関する質問をみてみると、「他人名義の車は売れるのか」というのが意外と多いです。

自分のものではない(名義人がちがう)車を売却するときは、名義人の印鑑証明を用意していただき、実印を押した譲渡証明書及び売却委任状があれば代理人の方でも売却できます。ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車は勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。

その支払いを完済し、名義を変更する必要があります。車を売るときに最初に気に掛かってくるのは買取金額がどれくらいになるか、ですよね。

買取金額が低かったら、気落ちしてしまいます。車の買取査定を行ってもらっても、金額が低すぎると納得できないんでしたら、その業者で売る必要はありません。

車を売ったあとでやっぱり売らなければよかったと後悔しても遅いので、相場の買い取り価格より安すぎると思ったら他の業者でも査定してもらったほうが良いでしょう。