走行距離が長いと、車査定では評価が下

走行距離が長いと、車査定では評価が下

走行距離が長いと、車査定では評価が下がると考えられます。おおむね、10万キロを超えると、どんなに希少価値のある車であっても査定価格ゼロの可能性を考えて良いです。同じ走行距離で、乗った期間が長いものと短いものを比べると、短いほど査定では不利になります。

短期間に酷使した証拠だと判断されるのが普通です。

車の買取、査定をお願いする前に、車体の傷は直した方がベターなのか気がかりですよね。自分で容易に、直せる程度の小さめの傷であるなら、直した方がよいでしょう。しかし、自分でできない大きな傷の場合は、修理を頼まないでそのまま車の査定を受けた方がよいのです。

中古車を売るなら、出来るだけ高くサービスしてもらいたいものです。相手との話し合いにあたり、「その時点で納車できる」ということは、売り手側のセールスポイントとなるようです。以上の理由から、値段交渉の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書を忘れないことを提唱します。