新車に乗り換え、買い替えをする時に、これまで乗っていた車

新車に乗り換え、買い替えをする時に、これまで乗っていた車

新車に乗り換え、買い替えをする時に、これまで乗っていた車を購入先のディーラーで下取りに出すことが結構あると思います。

でも、ほとんどの場合、下取りでは納得いくような査定を望めないものなのです。

一方で、車買取りの専門店に売却する場合は、車を下取りで頼むよりも、高い価格で買取してもらえる可能性が高いでしょう。中古車を購入しようとするときに気になってしまうのは、年式はもちろんのこと、走行距離でしょうね。

一般的に言って中古車の走行距離とは、1年間で1万kmくらいと考えていいと思います。

だから、10年間乗って10万km走行くらいが普通の中古車の走行距離ということになります。うっかり車検を切らしている車は査定をどうしたらいいかというと査定を受けること自体に支障はないのですが、しかし車検切れの車はご存知のように公道は走れませんので、出張査定を受けることになります。お金をかけて車検を通し、それから売ることを考えるより、車検は放っておいて売ってしまう方が、必ずトータルでお得になりますから、きっぱり出張査定を受けてしまうのが良いです。

こういったケースにおいても単独の業者に依頼せず複数のところから査定を受けますと少々手間ですがそれを上回るメリットがあります。